A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

映画・音楽

BNK48チケット争奪戦

BNK48 (Official Website) は2017年8月に1stシングル "会いたかった" でCDデビューすると、同年12月の2ndシングル "恋するフォーチュンクッキー" のMVがバズり、一躍タイ国民にその名を知られるようになりました。 初のコンサートが2018年3月だそうですから…

2gether THE MOVIE(タイ映画)

日本の劇場公開に遅れること約5ヶ月、「2gether THE MOVIE」がようやくタイでも公開されました。もともとテレビドラマの存在は知っていましたが、個人的にはなかなか手を出しにくいジャンル。これまで観る機会なく過ごしてきましたが、劇場版のレビュー (日…

ドライブ・マイ・カー(映画鑑賞)

村上春樹の同名の短編小説を原作とした邦画「ドライブ・マイ・カー」がタイでも公開されたので、さっそく観に行ってきました。映画は3時間 (179分) の長尺。集中力を保てるかどうか最初は少し不安でしたが、いざ映画が始まると、もうずっと画面に釘付け。最…

砂漠に行きたい

ヨルダン 「DUNE/デューン 砂の惑星」をもう一度観てきました。ストーリーも面白いのですが、自分にとっては、なんといっても砂漠の景色がいい。中東暮らしを思い出して懐かしさがこみ上げてきます。 砂漠のシーンの撮影地はヨルダンとアブダビだそう。きっ…

映画を観て我思う、英語ぜんぜん上達しないな・・・

もうだいぶ長いこと海外で働いています。仕事や生活のコミュニケーションは基本、英語。もともとアラビア語を習っていたこともあって、中東では英語とアラビア語が半々くらいでしたが、それ以降、現地語は挨拶とか普段の行動 (下町にご飯を食べに行くとか) …

ジョゼと虎と魚たち(タイでアニメ映画鑑賞)

「ジョゼと虎と魚たち」のアニメ映画がタイで公開され、さっそく観てきました。だいぶ昔に妻夫木聡と池脇千鶴の実写映画を観ましたが、実写版のあの生々しくヒリヒリするような感覚とはだいぶ異なる、純粋で前向きなアニメらしい美しさをもった作品でした。 …

エターナルズ(映画鑑賞)

タイで公開されたマーベル最新作「エターナルズ」を観てきました。先に映画館で何度も予告編を観ていましたが、なんだかあまりピンと来ないなあと思いつつも、これまでアイアンマン (2008年) 以降のマーベル映画はほぼ観ているので、本作もそれなりに楽しみ…

The Medium(タイ映画)

「The Medium (タイ語:ランソン/Rangsong)=霊媒」は2021年のタイのホラー映画です。韓国プロデュース作品で、「哭声/コクソン」のナ・ホンジン監督の原作を、俳優兼脚本家のチャンタウィット・タナセーウィーが脚本化、「心霊写真」「愛しのゴースト」の…

DUNE/デューン 砂の惑星(映画鑑賞)

ご存知フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。ハヤカワ文庫の小説 (砂の惑星) を読み、 デイヴィッド・リンチの映画 (1984年) を観てきましたが、当時のことを思い出しながら本作を鑑賞してきました。 アラビア語学習者でSF好きとくれ…

映画鑑賞で気分上々

10月1日からの規制緩和で映画館が再開されました。この2週間で観た映画は6本。もともとタイの映画館はタイ人にとっては高すぎるためかいつもガラガラでしたが (200~260バーツ/800円前後)、相変わらずガラガラなので、ある意味安心して観ることができました…

バンコク、コロナ規制緩和で映画館再開

10月1日から新型コロナ規制が少し緩和され、半年近く閉じられていた映画館がようやく営業を再開 (入場制限あり)。さっそく「ブラック・ウィドウ」を観てきました。映画館で観る映画はやはりいいですね。大画面と迫力のサウンド。アマプラやネトフリを家のテ…

IT 2/イット ENDS(映画鑑賞)

イット2を観ました。前作 (2017年) を観たので一応完結編も観なければなということで。スティーブン・キングのモダンホラーというかスーパーナチュラルの物語は、自分が怖いと思うホラー (=心霊) とはまた違ったジャンルなので、怖がりたくて観るものの、な…

死霊館のシスター(映画鑑賞)

ホラー映画「死霊館のシスター」を観ました。プロンポン駅直結のエムクオーティエ4階にあるCineArtという映画館で、なんとScreenXで! 緊迫する場面で左右の壁にドーンとスクリーンが広がるのはやはり大迫力。さすがに臨場感が違いますね。 さて、映画の方で…

Chiang Khan Story(タイ映画)

「Chiang Khan Story」は2014年のタイのロマンチックコメディ映画です。タイ東北地方 (イサーン)、ルーイ県のチェンカーンを舞台にした物語は、幼馴染との初恋の行方という定形フォーマットを借りていますが、単なるラブストーリーを超えた、人が大人になっ…

Krabi, 2562(タイ映画)

「Krabi, 2562」は2019年のタイのドラマ映画です。前作「暗くなるまでには」がアートシネマとして各所で高い評価を受けたアノーチャ・スウィチャーゴーンポン監督が、イギリスのベン・リバース氏 (こちらも実験的映像作家) と共同で制作した作品。 本作もは…

パラドクソクラシー(タイ映画)

「パラドクソクラシー (Paradoxocracy)」は2013年のタイのドキュメンタリー映画です。1932年の立憲革命によって、絶対君主制から立憲君主制に変わって以降の、タイの民主主義の歴史をたどった作品です。検証映像は少なく、全編ほぼインタビューで構成されて…

Low Season(タイ映画)

「Low Season」は2020年のタイのロマンチックコメディ映画です。霊感を持つ少女リンが彼氏と別れ、心の傷を癒やすため訪れたチェンマイの山奥に建つリゾートロッジで出会ったプートと心を通い合わせる物語。 リンは幼い頃から幽霊が見える体質。しかしそれを…

Karma (Arbat)(タイ映画)

「Karma (またはArbat、Arpat、Pret Arbut)」は2015年のタイのホラー映画です。少年院に2年入った後、父親から出家するよう言われ、バンコクから地方の小さな村のお寺にやって来た少年サン。仏門に入ってからも仕事をサボってタバコを吸ったり村の女の子に興…

Phobia (4bia)(タイ映画)

「Phobia (4bia)」は2008年のタイのオムニバスホラー映画です。テイストの異なる4つの物語が、実はそれぞれつながりがあるなど、ヒネリを効かせた設定も (クスリとなるくらいですが)。タイではヒットし、続編「Phobia 2」(→コチラ) も作られました。 #1. Lon…

愛しい詐欺師(タイ映画)

「愛しい詐欺師 (The Con-Heartist)」は2020年のタイのロマンチックコメディ映画です。元カレに借金を負わされたイナが、イケメン詐欺師のタワーを雇い、元カレを騙して復讐を企てる物語。詳細なあらすじがWikipediaにあるので (→コチラ)、内容はそちらを参…

タイ映画 Laser Candy(バイフーン✕マリオ)

タイの青春映画の傑作 "ファーストラブ" の主演カップル、バイフーン (Pimchanok Luevisadpaibul、ニックネーム:Baifern) とマリオ (Mario Maurer) が10年ぶりにタッグを組む新作 "Laser Candy" の第一報に胸踊らせたのは去年のこと。上映予定は2021年夏。 …

STAND BY ME ドラえもん2(映画鑑賞)

1月にバンコクの映画館で1を観たので、ソンクランの連休中、2を観に行ってきました。1もそうでしたが、ネットで読むレビューはけっこう辛辣なものが多い。観ようかどうかかなり迷いましたが、結果は、観てよかったです。 原作漫画は国民的な作品ですし、…

ゴジラvsコング(映画鑑賞)

シリーズ作品の「キングコング:髑髏島の巨神 (2017年)」、「ゴジラ:キングオブモンスターズ (2019年)」を観ていたので、流れで本作も観ました。ハリウッドが大金をかけて本気で作った、ド派手な超B級大作SF怪獣映画です。 ゴジラとキングコングを同じ時空…

ラーヤと龍の王国(映画鑑賞)

先週からタイで公開されているディズニー最新作「ラーヤと龍の王国」を観ました。ここ何年もディズニーアニメ映画は封切りのたびに観ていますが、今作で印象的だったのが水 (川/湖) の色。「モアナと伝説の海」では海の色が大洋州の海を思い出させてくれま…

トムとジェリー(映画鑑賞)

実写とアニメの合成映画「トムとジェリー」を観ました。主演のクロエ・グレース・モレッツとマイケル・ペーニャ (いや主演はトムとジェリーか)、二人とも好きな俳優なので、予告編を観たときにこれはもう絶対に観ようと決めていたのですが、やはり観てよかっ…

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ずっと観たかった作品。Netflixでテレビ版を予習していったこともあって、冒頭からすでに目頭が熱くなり、もう作品世界にどっぷり浸ってしまいました。案の定、涙腺崩壊。 タイ人親子も見に来ていましたが、男の子は10歳くらいだったかな、ストーリーの意味…

Alone(タイ映画)

「Alone」は2007年のタイのホラー映画です。ホラー、サスペンス、サイコスリラーなどがうまく練り込まれた、思わず背筋がゾッとするような作品。シャム双生児が主人公な点もタイならではです。場面が外国から始まるストーリーにもしっかり意味があったし、終…

I Remember(タイ映画のリメイク作品)

2020年12月に中国で公開された「I Remember」は、タイ映画「One Day (一日だけの恋人)」のリメイク作品です。実はどのウェブサイトにもリメイク作とはっきり書かれてはいないのですが、視聴者レビューにみんな書いてくれています。 自分はポスターを見てすぐ…

Coming Soon(タイ映画)

「Coming Soon」は2008年のタイのホラー映画です。タイ映画にありがちなコメディ要素はなく、ひたすら真面目に怖い映画を目指した作品。おそらく監督はホラー映画が大好きなんでしょう。最初から最後まで怖い演出がたっぷり練り込まれています。 といっても…

タイバーン×BNK48(タイ映画)

「タイバーン×BNK48 (Thibaan x BNK48)」は2020年1月に公開されたタイのコメディ映画です。BNK48から8人 (モバイル、ナムヌン、ケーオ、ヌーイ、プーペ、ターワン、カイムック、ナムサイ) が本人役で登場。この映画ではBNK48は彼女たちだけという設定のよう…