A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

サパーンタクシン・グルメ(南側)

BTSサパーンタクシン駅の北側も美味しいお店がたくさんありますが (→コチラ)、くらべると多少歩くものの、南側にも人気店がいくつもあります。

飲茶@Tuang Dim Sum

BTSサパーンタクシン駅の南側、駅から20分 (1.4km) 歩いて、点心の人気店 "Tuang Dim Sum" に行ってきました。土曜の朝9時でしたが (7時開店)、すでに満席で自分は4組待ち (番号札くれます)。待っている間もどんどんお客が来るし、デリバリーのバイクライダーも大勢いるしで、本当に大繁盛です。

20分ほどイスに座って待っている間に、注文用紙にチェックを入れました。タイ語・英語・中国語併記ですが、パッと見、中国語が一番わかりやすいです。頼んだのは小籠包、エビ蒸し餃子、豚焼売、豚肉まん、ゴマ団子と中国茶。もうひとつかふたついけるかなと思いましたが、結果的にこれが一人で美味しく食べられるちょうどいい量でした。合計料金189バーツ/650円。

評判通り、どれも美味しかったです。もっと大きな中華料理屋の値段的にももっと高い点心とくらべても、まったくひけをとらない美味しさだと思いました。小籠包がとくに美味しかったかな。熱々旨々スープがたっぷりで。この値段 (3個45バーツ) でこのクオリティーはすごい (→小籠包過去記事)。いや、驚いたのはゴマ団子か。餡がとろとろのエッグカスタード。これにはちょっと感動しました。また行こう。

f:id:ishigaki10:20210507170355j:plain

f:id:ishigaki10:20210507170418j:plain

f:id:ishigaki10:20210507170442j:plain

クイチャップ@Kuayjup Mr. Jo

くるくるとカールした麺で自分も大好きなクイチャップ。サパーンタクシン南側の、"Mr. Jo" (ミスタージョー) といういかした名前のお店でいただきました。

まずモツが新鮮で旨味が詰まっていて素晴らしい。そして揚げ豚。これは美味しい。別皿でオーダーする人も多かったです。クイチャップのツルンと口に飛び込んでくる食感もいいですね (まあ自分で吸い込んでるので自分次第ですけど)。

スープはコショウとニンニクが効いていてパンチのある味。全部のせ70バーツ/240円で、かなり満足感の高い一杯でした。さすが、Googleマップのレビュー数2000超えのお店です。

f:id:ishigaki10:20210507170550j:plain

f:id:ishigaki10:20210507170607j:plain

烏骨鶏スープ@Por Krua Thuen

日曜の朝、"Por Krua Thuen" というスープ屋さんを訪問。BTSサパーンタクシン駅の南側、というかもうほとんどアジアティークの所まで降りてくるのでちょっと遠いですが (距離2.1km)、わざわざ行く価値ありの、大変素晴らしいものをいただきました。

お店は細い路地の奥

f:id:ishigaki10:20210507170648j:plain

頼んだのはビーフスープ (80バーツ/275円) と

f:id:ishigaki10:20210507170712j:plain

烏骨鶏スープ! (120バーツ/415円)

f:id:ishigaki10:20210507170732j:plain

ご飯に添えると黒さが際立ちます

f:id:ishigaki10:20210507170752j:plain

初めて烏骨鶏を食べました。皮だけでなく本当にお肉も真っ黒なんですね。栄養価が違うという話は聞いたことがありますが、味はとくにクセはなく普通にチキン。よく煮込まれお肉はほろほろ、スープは濃厚な鶏出汁、とっても美味しかったです。

ビーフスープはとろとろに煮込まれたお肉の塊ががたっぷり沈んでいます。トマトの酸味と唐辛子のピリ辛が、牛出汁の美味しさを引き立てていました。メニューにはまだまだたくさんのスープがあります。次は豚のスープを頼もう。

大盛りバミー@Moonlight Noodle

BTSサパーンタクシン駅の南側、ワット・スッティワラーラームの裏手にあるバミー屋 "ป้าวิไล บะหมี่แสงจันทร์" (ウィライおばさんの月光バミー/Moonlight Noodle) で大盛りバミーをいただきました。

日曜の昼近く、お客はテイクアウトとバイク便ばかりでしたが、本当にもうひっきりなしでまったく客足は途絶えず。薄暗く狭い店内に客は自分ひとりでしたが、注文の品が出てくるまで10分くらいかかりました。

店内には英語併記のわかりやすいメニューもあります。指差しオーダーでOK。自分は汁あり大盛りワンタン麺 (チャーシューはデフォルト) 55バーツ/190円をオーダー。

量は1杯50バーツのバミー・ジャップカン (ヤワラート) といい勝負だと思います。タイラーメンにしてはかなり大盛り。極細麺はプチプチした小気味良い食感で、茹で方はバッチリ。大量に茹でている割に嫌なお湯の臭いもありません。

きめの細かい肉質のチャーシューは繊細な口当り。ワンタン (5個) はお肉少なめですが、ワンタン生地のプルプル感が麺の食感と良いコントラスト。スープはまろやかさがある甘しょっぱくて優しい味。これはかなり理想的な1杯かも。

ただし、ひとつ決定的な文句が。タイラーメンあるあるですが、とにかくスープがぬるい。たぶん今まで食べた中で一番ぬるかった。もう少し熱めののスープだと本当に最高なんですけどね。やっぱりテイクアウトがいいのかな。家でスープを加熱すればきっともっと美味しい (麺は少しのびるけれど)。

f:id:ishigaki10:20210507171020j:plain

f:id:ishigaki10:20210507171036j:plain

f:id:ishigaki10:20210507171054j:plain

美味叉焼@Tung Jai Yang

サパーンタクシンでまた美味しいお店に出会いました。叉焼が自慢の "Tung Jai Yang"。評判どおり叉焼は味も香りも食感も抜群の美味しさでした。一緒に頼んだ海老ワンタンスープも美味。ワンタンにしっかり味がついているので、逆にスープは出汁のみであまり塩気はない感じ。これも悪くないです。

お値段ちょっとお高めで、叉焼ご飯目玉焼き載せが165バーツ/570円、海老ワンタンスープが145バーツ/500円。それだけの価値はあると思いますが、あともう少し安いと嬉しい。。まあ美味しかったからいいんですけどね。次は豚タンを食べたい。

f:id:ishigaki10:20210509112158j:plain

f:id:ishigaki10:20210509112213j:plain

f:id:ishigaki10:20210509112231j:plain

ガオラオ@Mr. T. Chan 46

コチラ (ガオラオでまとめ)