A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

〆のドーナツ

タイ生活の最後に何を食べるか。これはなかなかの問題でした。最後の1ヶ月ともなれば一食一食が毎回真剣勝負。ひとつたりとも外したくはありません。あれを食べよう、これも食べようと、あらかじめリストを書き出しました。

甘いものもそう。タイ生活ではパン、ケーキ、タイスイーツなどいろいろ甘いものをいただきましたが、「あれだけはもう一度食べておきたかった」と日本に戻ってから後悔しないよう、何を食べるかしっかり考えました。

ということで、最後に食べた甘いものを、いくつか。これらの中でも、やはりマンダリンオリエンタルのブルーベリードーナツは王者の風格。

ブルーベリードーナツ@Mandarin Oriental Shop
このブルーベーリージャムは本当に美味しいです。フルーティーで適度な粒感があって甘さもしっかりしていて、何よりたっぷり目いっぱい詰まっていて。ドーナツも揚げ部分がうっすらサクッとして、ドーナツとしての完成度もピカイチ。(⇒ドーナツ過去記事)

パートンコー@Nai Golf
いろんなお店でパートンコー (油条、揚げパン) をいただきましたが、ファストフード感覚でいただくならこのお店がベスト。丸い方はほんのり甘く、まさにドーナツ。ねじり棒はうっすら塩気があって、お粥やバクテーと一緒に食べたりもしますが、甘いクリームをつけて食べるとこれがまた美味しいんです。(⇒関連過去記事1その2)

Little C (移動販売)
安くて美味しいここのクリームパンにはだいぶお世話になりましたが、クロワッサン (ミルククリームたっぷり) も抜群に美味しいですよ。(⇒過去記事1その2)

ラスク@Khun Noi Bakery
これほど美味しいラスクは日本にもなかなかない (と個人的には思う)、「クンノイベーカリー」のラスク。シュガーバターとガーリックを最後にまた購入。濃厚さがたまりませんでした。ラートプラーオのチョークチャイ4通りという、けっこう遠い場所なのですが、わざわざ行く価値大いにありでした。(⇒ラスク過去記事)

スナックゴールド@Saint Etoile
実はタイ生活でもっとも食べた甘いものは、ほぼ間違いなく「サンエトワール」の「スナックゴールド」。ぜんぜんタイならではのものではないのですが、おやつとして、そしてご飯代わりとして、本当にお世話になりました。