A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

カラフルスイーツ タイのお菓子は色鮮やか

カノム・チャン

タイの伝統的なお菓子カノム・チャンは、階層(チャン)になったお菓子(カノム)です。みずみずしくてもちもちした食感は日本人にはおなじみの味なので、なんら違和感なく、美味しくいただけます。写真のカノムチャン、見た目は涼しげですが、実は温かい蒸し菓子。ほんのり甘くてもちもちで、とても美味しかったです。これは2層ですが、縁起物になると9層のものもあるのだそうです。(タイ語で数字の9と "前に進む" は同じ "ガウ" という発音なので)

f:id:ishigaki10:20210504144356j:plain

カノム・クロック

カノム・クロックはココナッツミルクで溶いたほんのり甘い米粉を、たこ焼き器のようなフライパンで焼く焼き菓子です。フライパン接地面はカリカリ、上側部分はトロトロ。とにかく熱々なのであわてて食べると口の中を火傷すること必至です。トッピングを見るとお菓子とおつまみの中間みたいですね。ネギが載ったところはお醤油で食べたかったかも。

f:id:ishigaki10:20210504144558j:plain

カオニャオ・マムアン

マンゴーと餅米という異色の組み合わせは、タイ料理 (スイーツ) の代表として今では海外でも広く知られるようになりました (Mango Sticky Rice)。色とりどりに着色された餅米に最初は衝撃を受けましたが、見慣れるるとこのにぎやかな雰囲気がたまりません。

自分の好きなお店はテイクアウト専門店。マンゴー+餅米=100B/350円、ジャックフルーツ+餅米=35B/120円。ココナッツミルクがふわっと香る塩気が効いた餅米と、完熟で甘酸っぱいマンゴーは相性抜群。いつもペロリです。

f:id:ishigaki10:20210504144816j:plain

f:id:ishigaki10:20210504144836j:plain

練り菓子

世界に冠たるタイ料理はデザートも豊富、しかもイマジネーションが多彩。着色した餡を使っていろんなミニチュアを作ったりします。どうですか、この見事なサボテン。町で見かけてハッとして、ついココナッツプディングと一緒に買ってしまいました。

f:id:ishigaki10:20210504145148j:plain

f:id:ishigaki10:20210504145229j:plain

ルークチュップ

白餡で造形し表面をカラフルなゼラチンでコーティングしたルークチュップ。果物を形作るのが定番。すごいです。そして美味しい。

f:id:ishigaki10:20210504145520j:plain

f:id:ishigaki10:20210504155559j:plain

かき氷

タイはかき氷すらカラフルでにぎやか。かき氷屋台は目を引きます。アイスクリームはさらに涼しげに。

f:id:ishigaki10:20210504145610j:plain

f:id:ishigaki10:20210504145648j:plain

羊羹 (ぽいもの)

モールでひときわ目を引くタイ菓子を発見し思わず購入 (4個50バーツ/175円)。食感はういろうをもっと柔らかくした感じ。緑はパンダナス、青はアンチャン (バタフライピー)、紫は紫米、白はココナッツ。甘さ控えめで、和菓子にも通じる品の良いお菓子でした。色はすごいけど。(赤に手を出す勇気はなかった・・)

f:id:ishigaki10:20210504145821j:plain

f:id:ishigaki10:20210504145852j:plain