A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

バンコクのマッサマンカレー食べ比べ

バンコクでいくつかマッサマンカレーを食べましたが、今のところ圧倒的におすすめなのはトンローのプーケットタウン(Phuket Town)というお店。

Phuket Town

カレーのスパイス感、ピーナッツ感、甘さと辛さのバランス、鶏肉の煮込まれ感、どれも群を抜く完成度。さらに特筆すべきはロティ。ほのかな塩味とサックサクの食感はこれまで食べたどのロティよりも美味しかったです。他にも南部タイのいろいろな料理が食べられます。予算500バーツ(1700円)/人。

f:id:ishigaki10:20210501013247j:plain

f:id:ishigaki10:20210501013333j:plain

Never Ending Summer

ミレニアムヒルトンホテルの横にあり場所柄そう簡単には行けませんが、周辺の高級ホテルに泊まる旅行客でにぎわうお店。値段的にかなり高級ですが出てくる料理もピカイチ。特別な人と特別な日に行きたいお店です。牛のマッサマンカレーは文句なし。コームーヤーンも別格の美味しさ。もちろんトム・ヤム・クンも。予算1000バーツ(3400円)/人。

f:id:ishigaki10:20210501013428j:plain

f:id:ishigaki10:20210501013443j:plain

Taling Pling(サイアムパラゴン店)

イスラム色が強い南部タイ料理なのに豚のマッサマンカレーをいただきました。豚肉はトロトロで美味しかったです。味は良かったけれどカレーが見るからに少なかったのが残念。ロティももうひとつ。おさえで頼んだコームーヤーンは安定の美味しさでした。店内は場所柄ザワザワとにぎやか。予算500バーツ(1700円)/人。

f:id:ishigaki10:20210501013524j:plain

f:id:ishigaki10:20210501013546j:plain

Krua Arroy Arroy

ネットでよく紹介されている大衆食堂。マッサマンカレーはカレー汁も鶏肉もたっぷりで100バーツ(340円)はうれしい価格。でも、かなり甘かったです。日本料理もカツ丼・すき焼き・お寿司など相当砂糖を使うので、日本人には「甘い=ご馳走」という感覚がベースにあるため、欧米人に比べたら甘い料理に対する受容度は高い方だと思いますが、ことカレーとなると話は別で、脳がビジュアルと味をリンクさせることができず、軽いパニックに陥ることになります。

これで思い出したのがくら寿司のシャリカレー。あれは一度食べてあまりの甘さに茫然自失となりました(くら寿司はすし飯がもともと甘め)。やっぱりカレーは甘すぎない方がいいな。お店にはまだまだ種類があるのでいろいろなカレーを試してみたい。ちなみにお店の向かいにはヒンドゥー寺院が。参拝客用にお花もたくさん売っています。

f:id:ishigaki10:20210501013645j:plain

f:id:ishigaki10:20210501013708j:plain

Queen of Curry

サパーンタクシン駅エリアにあるお店。事前の情報でもマッサマンカレーはちょっと独特とのことでしたが、本当に独特でした。端的に言えば甘酸っぱいココナッツミルクカレー。びっくりするくらい甘酸っぱいです。他にもグリーン、レッド、イエローとカレーは各種あるので、そちらはまた試してみたいかも。マッサマンカレーを食べに来るお店ではありません。予算400バーツ(1360円)/人。

f:id:ishigaki10:20210501013800j:plain