A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

タイ生活の金銭感覚

普段職場で安いランチを食べ(写真の皿は22バーツ=75円)、仕事帰りに路線バスを使っていると(写真のエアコンなしは6.5バーツ=22円)、1バーツコインのありがたみがわかってくるものです。

そういう感覚を持ったまま自宅のあるスクンビット地区に戻ってくると、すべてが高いことに驚きます。駅を降りて目につく日本食屋は何を食べても200バーツ、300バーツは当たり前。

換算すれば700円、1000円なので、たしかに当たり前の値段なのですが、一瞬ビビってしまう自分がいます。自炊するのは面倒だけれどそうそうコンビニやスーパーのお弁当というのも味気ないし、屋台はまだハードルが高い。

意を決し、「野菜が食べられるから」と自分を納得させて食べたリンガーハットの長崎ちゃんぽん(大盛り)は、202バーツの価値大いにありでした。食べてよかった。海外に赴任してしばらくはついがんばって現地飯ばかり食べてしまうものですが、あまり無理せず、食べたくなったら素直に日本の味を楽しむのが正解ですね。

f:id:ishigaki10:20210501124929j:plain

f:id:ishigaki10:20210501124945j:plain

f:id:ishigaki10:20210501125014j:plain

50バーツ飯

タイに赴任してまだ日は浅いですが、これまでバンコクの町中でご飯を食べてきて、1皿50バーツ(175円)というのが現在の庶民価格の基準なのかなと思いました。以下の写真、すべて50バーツです。

日本でいえば牛丼1杯 (380円) に相当する感じでしょうか。ここから考えると、バンコクの物価は日本の半分くらいですね、実感として。

日本食を食べればラーメンやそばでも200バーツ(700円)しますが、これくらいするタイ料理屋はいくらでもありますし、町のおしゃれな喫茶店ではコーヒー1杯100バーツ(350円)とかしますから (しかもタイ人でけっこう繁盛している)、タイでかかる食費は意外に高そう。

カニとかエビとか食べたいものがたくさんありすぎて、お金が貯まる気がしない今日この頃。

f:id:ishigaki10:20210430223420j:plain

f:id:ishigaki10:20210430223440j:plain

f:id:ishigaki10:20210430223459j:plain

f:id:ishigaki10:20210430223515j:plain

1食40バーツ

バンコクも少し中心部を離れると、ご飯は1食40バーツ(140円)が相場のようです。職場のスタッフも40バーツを超えると少し高く感じると言っていたので、お店の方も40バーツでいかに魅力的な1皿にするかしのぎを削っているように見えます。

BTSウッタカット駅を降りてワット・ラチャオラサラムに徒歩で行き来したとき、行きは緑の丼マークのお店でラーメン、帰りはにぎわっていたカオマンガイのお店で1食いただきました。どちらも40バーツ。

お客は地元民のみ。どちらも繁盛していました。近所にあったら週イチで通いたいくらい美味しかったです。しかしこの辺りまで来るとGoogle Mapも店名はタイ語のみになってしまうので、なんて名前のお店かわからない。早くタイ語を勉強しなければ。。

f:id:ishigaki10:20210501125223j:plain

f:id:ishigaki10:20210501125247j:plain