A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

バンコク国際モーターショー 2021

3月24日から4月4日まで、バンコク国際モーターショー2021が開催されています。ウェブサイト上部のメニューから "Gallery" に飛ぶと、1979年にショーが開始されて以降の、各年の展示の様子を見ることができます。旧車ってかっこいいですね。

モーターショーが始まって最初の日曜日、会場の Impact Challenger に行ってきました。BTSワット・プラシー駅からタクシーで81バーツ。このご時世、来場者はさすがにごった返すほどではありませんでしたが、会場は隅々までにぎやかな雰囲気に満ちていました。入場料100バーツ/350円。

ひとつ見たかったのがハーレーダビッドソンのパンアメリカ1250。ハーレー初のアドベンチャーモデルです。さすがにこの巨大な車体でオフロードに突っ込む気にはなりませんが、どこまででも走れそうな雰囲気が最高です。

f:id:ishigaki10:20210509192744j:plain

ハンターカブのカスタムはホンダ以外でも展示しているブースがありました。どれもかっこよかったです。これぞ日本のアドベンチャーモデル。スケール感だいぶ小さいけど。でも日本には、というか自分には、ハンターカブがちょうどいい。

f:id:ishigaki10:20210509192817j:plain

タイのファッションブランド NaRaYa とポルシェのコラボ。誰かお金持ちのタイ人に買ってもらって、実際に走ってるのを見てみたい。

f:id:ishigaki10:20210509192836j:plain

クラシックカーや、ポルシェ+キャンプの提案など、あれこれ面白い展示も多かったです。電動トゥクトゥクもありました。今年も楽しかった。

f:id:ishigaki10:20210509192903j:plain

※2020年のモーターショーの様子 →コチラ