A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

ワット・インターラーム

ワット・インターラーム(Wat Intharam)はアユタヤ朝で建立されたものをタクシン大王が手を入れ、自らの王室寺院としたものです。

トンブリー王朝はタクシン大王一代限りの王朝(1767-1782年)でしたが、この寺院は次代チャクリー王朝の王にも気に入られ、現在も王室寺院として登録されています。

ちなみに周辺には運河が。アユタヤとも船を使って行き来していたんですね。

f:id:ishigaki10:20210505222747j:plain

f:id:ishigaki10:20210505222800j:plain

f:id:ishigaki10:20210505222816j:plain

f:id:ishigaki10:20210505222826j:plain

f:id:ishigaki10:20210505222844j:plain

f:id:ishigaki10:20210505222858j:plain