A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

世界のマズイ料理100(Taste Atlas)

"Taste Atlas" の「世界のマズイ料理100 (世界で最も評価の低い料理100)」がまた更新されました。前回版はコチラで投稿しましたが、今回はあまり大きな変動はない感じ。

あいかわらずチムチュム (東北タイの鍋) がランクインしていますが (38位)、個人的にはどの鍋よりも美味しいと思うので、ここは納得していません。本当になぜだろう。

新顔ではタイの「蚕」がランクインしていました (12位)。油で揚げたフライド・シルクワーム。高タンパクで栄養価が高く、次世代の食料とも言われていますね。

タイでは屋台でも売っていますが (⇒コチラ)、自分はスナック菓子として売られているものを買って食べました。あまり美味しいものではないですかね。埃っぽいというか。

今回のランキングで驚いたのは、ウズベキスタンのトマトサラダ「シャカラプ (シャカロブ)」がランクインしていたこと (40位)。

何か評価が低い理由ってありますかね、いたって普通のトマトサラダなのですが。お店によっては冷えていなくて生ぬるいとかはありますが。

もともと何か絶対的な評価基準があるわけでもなさそうだし、ランクインしているということは、それだけ食べられる機会が多い、くらいに考えておいた方が良さそうです。

豚の血を使ったタイ料理「ナムトックムー」が前回に続いて入っていますが (71位)、個人的には今後「トムルアッドムー」がクローズアップされそうな予感も。

トムルアッドムーは、豚 (ムー) の血 (ルアッド) を固めたゼリーと、豚肉・豚モツがたっぷり入ったスープで、タイでは定番の朝食として親しまれています (⇒コチラ)。

まずは知名度が上がり、たくさん外国人が食べるようになって、その上で「オエ~」と思う人が増えてくればランクインですね。悪名は無名に勝る。