A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

第4のフライドラグマン

先日、アスキヤバザールに行った時のこと。バザールの入り口によさげなレストランがあったので、お昼ご飯のため入店。(※Googleマップ未掲載)

メニューはあるかとたずねると、ショーケースに来るよう言われ、見ると思ったより大したものがなかったので、無難そうなフライドラグマンをチョイス。

パッと見で少し違和感はありましたが、テーブルに運ばれてきたお皿をあらためて見ると、やはりいつものフライドラグマンとは違いました。

うん、白い。明らかに麺が白いです。ひと口食べてみると、見たとおり塩と油の味。トマト感も醤油感もなし。良く言えば塩味の焼きうどんでした。

いつも食べているフライドラグマンとは明らかに異なり、その味にはやや違和感もありましたが、逆に新しいバリエーションに出会えたことがうれしかったです。

いつものフライドラグマンは、①トマト系、②トマト+醤油系、③醤油系の3パターンですが、この日のラグマンは、④塩系というくくりで良さそう。

どちらかと言えば①~③の方が万人に好まれる味だと思いますが、たまにはこうしたシンプルなラグマンもいいものだなと、そう思ったのでした。

①トマト系@カラサライ・ラグマン(Map)

②トマト+醤油系@シーベイ(Map)

③醤油系@グルジャ(Map)

普通のラグマン (スープヌードル) は、見た目も味もお店によってほとんど差がありません。くらべるとフライドラグマンは珍しく多彩。なかなか楽しいメニューだなと。

そもそもウズベキスタン料理って、本当にどの料理も味・具材・見た目が統一されていますから、たまには誰かアレンジしてよと、痛切に思うことも。

誰かカレーラグマンを作ってくれー。(心の叫び)

※そう思ってフォトショで雑にスープを黄色くしてみましたが、うーん、あんまり美味しそうではない?