A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

プラントベースワッパーとタイ人の性格

バーガーキングの新メニュー、100%植物性パティを使った「プラントベースワッパーJr.」を、ここタイのバーキンでいただきました。

たしか何かと組み合わせて安く買えるプロモーションがあったよなと、ウェブサイトで見た情報を思い出しながら、まずは自宅最寄りのお店へ。店頭のメニュー表にはプラントベースが大きく表示されていました。

しかし、メニュー上はバーガー単体で149バーツが139バーツになっているだけ。組み合わせプロモーションは終了したのかなと思いつつ、ひとつオーダーしたところ、とくに他のプロモーションを勧められることもなかったので、ああやっぱり終わっちゃったのかと、納得して購入しました。

家にもどってさっそく実食。味は悪くない。いや、美味しいです。大豆由来の代替肉パティは、「お肉だ!」とは思わないまでも、ハンバーガー感は十分。そして直火焼きパティが醸し出す香ばしい匂いが、バーガーキング感を存分に演出していました。

f:id:ishigaki10:20220318134428j:plain

f:id:ishigaki10:20220318134450j:plain

値段は通常のワッパーJr.と同じ149バーツ、割引き価格でも139バーツ/480円は、タイの物価を考えたらさすがに高すぎます (タイ飯3食分)。それに、宣材写真にくらべたらパティの量が一回り小さいのも気になりました。まあこれはハンバーガーあるあるですね (⇒バーキン過去記事)。

でも美味しかったんだよなあと、ぶつぶつ言いながらあらためてバーガーキング・タイのホームページを見てみたら、なんだ、やはりまだ組み合わせプロモーションがあるではないですか。ふたつで159バーツ/550円。プラントベース同士を組み合わせることもできます。

f:id:ishigaki10:20220318134548j:plain

これならもう1回買いたいと思い、数日後にこんどは別のお店で、スマホにウェブの情報を表示させ、指差しで「これ」とオーダー、無事プラントベースを2個ゲットしたのでした。もちろん2個とも美味しくいただきました。

f:id:ishigaki10:20220318134824j:plain

それにしても、なんだかもやもやが残るのは、1軒目のお店の対応です。あえてお店側に不利なプロモーションは勧めないというマニュアルがあるのか、単にその店員が気が利かなかっただけなのか。ま、情弱が悪いと言われればそうなんですけどね。

あるいは、もし最初から2つ注文していたら、組み合わせプロモーションありますよと言ってくれたのかなと想像してみたり。1軒目の店員にとって自分はあくまで「バーガーをひとつ食べたい人」だったのかもしれないし。

これを「気が利かない」ととらえるか、ふたつ食べろと無理強いしない「優しさ」ととらえるかで、タイ生活の快適さがだいぶ変わってくるように思います。自分はどちらかというと、希望をこめて後者を選びたいですね。

よく考えたら中東でもアフリカでもこういうことは何度もありました。聞けば教えてくれるけれど、先に教えてはくれないという。こちらは「知らないから聞けない」、あちらは「(こちらが) 知らないことを知らない」。日本人が先回りしすぎなのかなあ。。