A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

One for the Road(タイ映画)

香港の名匠ウォン・カーウァイをプロデューサーに迎え製作されたタイのドラマ映画「One for the Road」を映画館で観てきました。監督は「バッドジーニアス」で名を知られたナタウット・プーンピリヤ。本作は2021年サンダンス映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、"Special Jury Award for Creative Vision" を受賞しています。

ここ1ヶ月ほど映画館で予告編を観ていたので楽しみにしていましたが、実際に観てみた感想は、ただエモいだけではない (予告編はちょっとそんな編集でした)、なかなかに奥深く、じんわり心に染みる作品でした。すべて万々歳のハッピーエンドではなく、失ったものも多いけれど、それでも今が最良であると感じることができる結末は、観る者に特別な余韻を残してくれるでしょう。

物語は、余命幾ばくもない青年 (ウッド) が疎遠になっていた親友 (ボス) をニューヨークから呼び戻し、一緒に元カノ (アリス、ヌーナ、ルーン) のもとを巡るロードムービーです。しかし実は、ウッドがもっとも気に病んでいたのは、ボスとその元カノ (プリム) のことでした。そこにはある秘密があって・・・、というお話。

劇中、いろいろな関係性が描かれます。ウッドと父親 (すでに他界)、ウッドとボスの友情と別離、ボスと姉の秘密、ボスと家族 (姉の再婚相手一家) のいびつな関係、ボスとプリムの出会いと別れ、そしてウッドとプリム。もちろんウッドと元カノ3人の関係も。最後に和解したものもあれば、叶わなかったものも。丁寧な脚本です。

舞台はニューヨークとタイ。ボスがバーを経営するニューヨークの描写もありますが、ボスが里帰りしてウッドとともにタイ各地をまわる風景描写が地味に良かったです。観光地を写しているわけではなく、あくまでタイの日常風景。でもそれがとても良かった。

それから、俳優陣が良かったです。主な登場人物は次の6名 (カッコ内はニックネーム)。

ボス :Thanapob Leeratanakajorn (トー)
ウッド:Nattarat Nopparatayapon (アイス)
プリム:Violette Wautier (ヴィー)
アリス:Ploi Horwang (プロイ)
ヌーナ:Chutimon Chuengcharoensukying (オークベープ)
ルーン:Siraphan Wattanajinda (ヌーン)

この中ではとくにウッドを演じたアイスが素晴らしかったです。本作で初めて演技を観ましたが、後悔と諦念の先に見出した最後の希望とでも言えば良いのか、そんな複雑な感情表現が心に刺さりました。しかしそれにも増して肉体的な役作り、要は死期が迫る人間を端的に表す、激痩せという状態にまで持っていった役者魂には恐れ入りました。あ、痩せた姿の方がイケメンです。回想シーンはふっくら。

プリムを演じたヴィーはもともと好きな俳優ですが、本作でもその魅力をいかんなく発揮していました。映画「フリーランス」のジェー役には惚れ惚れしましたが、本作のプリムも負けないくらい良かったです。ボスを演じたトーは「May Who?」で主人公のライバルを爽やかに演じていましたが、本作でも、素行は悪そうだけれどにじみ出る人の良さが現れていました。

ヌーナを演じたオークベープは「バッドジーニアス」や「ハッピーオールドイヤー」などで印象的な演技をしていましたが、本作では登場時間こそ短いものの、やはり圧倒的な存在感がありました。ちなみにアリスを演じたプロイ・ホーワンのお姉さんは同じく俳優のクリス・ホーワンです。クリスは「Bangkok Traffic (Love) Story」や「オーマイゴースト」でコメディエンヌぶりが楽しめます。

良い作品でしたから、いつか日本でも観られればいいなと思います。今回は英語字幕で観ましたが、せわしなく目を上下に動かしていたので、100%感情移入できなかった部分も。それでもなお、涙ぐむ場面が多数ありました。

f:id:ishigaki10:20220212024450j:plain