A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

一日だけの恋人(タイ映画)

「一日だけの恋人」は2016年のタイのロマンティック・コメディ映画です。冬の北海道を舞台にした、全ての非モテ男子に捧ぐ、おとぎ話のようなラブストーリー。タイ人の観光ビザ免除とこの映画によって、タイでは北海道ブームが起きたんだとか。あらすじはWikipediaに詳しく書いてあるのでそちらをどうぞ (→コチラ)。

ヒロイン・ヌイは、会社で存在感ゼロの主人公デンが思いを寄せるには相当ハードルが高いと思われる美人さん。社長との不倫も社内では公然の秘密ですが、それでもヌイが好きだと思えるデンはむしろ鋼のハートを持っているのかも。最後の方で明かされますが、デン、実は1回告白しています。その時は見事にポカンとされました。

社員旅行で行った冬の北海道。自暴自棄になり雪山で遭難事故を起こし記憶をなくしたヌイに、自分が君の恋人なんだと一世一代の嘘をつくデン (逆にこの日の記憶は明日になれば消えてしまう)。そう言われても、見た目がぜんぜんタイプじゃないデンには猜疑心しかなく、あいかわらず高飛車なままのヌイ。いったいどうなるんだろうと思って観ていましたが、最後は心の底から二人を応援していました。

結末を言ってしまうのもなんですが (でもWikiにも書いてあるので・・)、最後に一緒にならなかったにもかかわらず、二人とも最高にイイ男、イイ女だと思えました。切ないけれどお互い一歩踏み出したというか、爽やかな胸の痛みというか、格別の余韻が残りました。スマホに残された自分の動画を観て、記憶はないのに涙があふれるヌイ。美しいシーンでした。デンの引き際も見事。

あとは何より北海道の風景・風物を堪能できるのがいいです (Wikiにロケ地の詳細あり)。ちょっとダラダラしたカメラの長回しも、自分がそこに行っているように思えるし、半分、観光プロモビデオと思えば最高の作品です。自分もいつかさっぽろ雪まつりに行ってみたいです。行って現場ではしゃいでいるタイ人を見てみたい。

f:id:ishigaki10:20210508123733j:plain