A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

ワット・ボーマンクナーラーム(バンコクの旧正月2020)

今日、1月25日は旧正月 (春節)。昨年は中華街に行きましたが、今年は新型ウイルスのこともあり、人混み、とくに中国人観光客が集まる中華街には行かない方がいいなと判断。かといって旧正月の風景を何も見ないのも寂しいので、観光客は来ないであろう地元密着型の中国寺院に行ってみました。

チョンノンシーからBRTに乗って3つめのバス停で降り、少し南に歩いていくとある、ワット・ボーマンクナーラーム (Wat Bhoman Khunaram、普門報恩寺) は、1959年に建てられた比較的新しいお寺で、タイ、中国、そしてチベット風の建築様式を取り入れたといわれる華やかな建物が特徴的です。

それなりに人が集まりとてもにぎやかな雰囲気でしたが、予想通り外国人 (中国人) 観光客と思しきグループは皆無だったと思います。雰囲気を楽しみつつ、のんびりお線香をあげてきました。ちなみに、広い駐車場に次々と入ってきた車はベンツとBMWが多かったです。きっとお金持ちが来るお寺なんだな。

f:id:ishigaki10:20210506163144j:plain

f:id:ishigaki10:20210506163200j:plain

f:id:ishigaki10:20210506163213j:plain

f:id:ishigaki10:20210506163228j:plain

f:id:ishigaki10:20210506163239j:plain