A Dog's World 

~海外で暮らす・日々の記録・旅の記憶~   

ワット・テプティダラム

ワット・テプティダラム(Wat Thepthidaram Worawihan)は、運河を挟んでロハ・プラサートの隣にある第三級王室寺院です。ラーマ3世の命により王子が陣頭指揮を取り、1836年着工、1839年に完成しました。

f:id:ishigaki10:20210505224558j:plain

f:id:ishigaki10:20210505224625j:plain

f:id:ishigaki10:20210505224700j:plain

先日、タイの尼僧について書きましたが (→コチラ)、このお寺をユニークなものにしている要因のひとつは、世界的にも珍しい52体もの尼僧像がある点です。

f:id:ishigaki10:20210505224751j:plain

f:id:ishigaki10:20210505224810j:plain

 またもうひとつの点は、タイのシェークスピアとも呼ばれるスントンプー師の記念館を擁すること(次の投稿で詳述)。他にも真っ白な石から彫られた本尊など、100バーツの入場料を払うに値する、なかなか見どころの多い寺院でした。

f:id:ishigaki10:20210505225005j:plain

周辺にロハ・プラサート、ワット・サケート、ワット・スタット等ド派手かつ必見のお寺があるので、比べたら地味なここは今まで素通りしていましたが、今回見てよかったです。